博士前期課程 臨床心理学コース




コースの特色


臨床心理学コースでは、人が抱く「こころ」の問題を理解し援助するために、問題を把握するアセスメントの方法や発症のメカニズムを探る理論、援助方法など、臨床心理学に関するさまざまな理論と実践を学んでいきます。このコースは臨床心理士養成大学院第一種指定校であるため、修了者は「臨床心理士資格試験」の受験資格を得られます。また、2016年度の臨床心理士資格試験において93.3%という高い合格率を誇っています。更に、公認心理師の受験資格を得られるよう、カリキュラムを整備中です。

コースの特色

臨床心理学コースでは、人が抱く「こころ」の問題を理解し援助するために、問題を把握するアセスメントの方法や発症のメカニズムを探る理論、援助方法など、臨床心理学に関するさまざまな理論と実践を学んでいきます。このコースは臨床心理士養成大学院第一種指定校であるため、修了者は「臨床心理士資格試験」の受験資格を得られます。また、2015年度の臨床心理士資格試験において92.3%という高い合格率を誇っています。更に、公認心理師の受験資格を得られるよう、カリキュラムを整備中です。

実習について

実習は、学内と学外で行われます。心理臨床センター(心理学部付属研究所)での実習にあたっては、6名のスーパーバイザーを配して学生へのきめ細かい指導を行っています。学外実習については、18カ所の機関(総合病院5カ所、精神科単科病院8カ所、保健センター1カ所、クリニック2カ所、教育相談室2カ所、学校1カ所:2014年秋現在)と提携し、ご協力をいただいています。学外機関での実習においては、実習機関での指導に加え、学内での専任教員による指導も行っています。修了生は、クリニック、病院、学校、教育相談機関など、幅広い領域で就職をしています。

担当教員名、専門領域、主な研究指導内容

専門領域

臨床精神医学

研究指導内容

臨床精神医学のなかでも多文化間精神医学、社会精神医学、精神病理学を専門に研究指導

専門領域

心理査定学

研究指導内容

ロールシャッハテストを主とする投影法とアセスメントについて研究指導

専門領域

学校臨床心理学

研究指導内容

学校臨床心理学、スクールカウンセリング、精神的不適応の予防、精神的健康の増進に関連する諸テーマを研究指導

専門領域

健康心理学、臨床家の教育訓練、心理療法

研究指導内容

臨床家のスーパービジョンや困難体験、心理療法のプロセス・効果、および、身体疾患に関わる心理的援助について研究指導

専門領域

臨床動作法、障害者心理臨床

研究指導内容

臨床動作法による障害者への心理援助の他、一般成人、子どものメンタルヘルス、ストレスマネジメントなどの臨床心理学的援助を研究指導

専門領域

グループアプローチ

研究指導内容

主として集団心理療法の理論と実践についての研究指導

専門領域

認知行動療法

研究指導内容

感情や認知など内外の行動が維持・増加する機序および臨床心理学的援助に関するアナログ研究について,認知行動アプローチに基づき研究指導

専門領域

家族心理学

研究指導内容

カップルセラピー、家族療法、家族心理学、アサーショントレーニング、個人療法と家族療法の統合等を研究指導

専門領域

認知行動療法

研究指導内容

認知行動療法の観点から,抑うつや不安,職場不適応や介護ストレス等の精神的不適応について研究指導

*博士後期課程兼任教員

修士論文について

大学院における修士論文のタイトルの一例です。どの教員の指導の下で、どのような研究が行えるかが分かります。

阿部 裕

  • 青年期における女性スポーツ競技者の摂食障害傾向の心理的特性および食統制の困難さに至るプロセス

  • 季節による気分の変化と身体的変化 ‐心理社会的要因からの検討‐

  • 青年期におけるインターネット使用が「キレる」に及ぼす影響について ―解離傾向との関連から―

  • 青年期における恋人との関係認知が抑うつ傾向に及ぼす影響について -怒りの表出および抑制という点から-

伊藤 拓

  • 思春期女子グループにおけるいじめのプロセス ―いじめの発生から終了までの経過といじめが起こりにくいグループの特徴の検討―

  • 過剰適応傾向の新たな尺度の作成と保護要因の検討

金沢 吉展

  • レジリエンスとコーピングおよび心理的ストレス反応との関連について -個人内資源と環境資源の認知と活用の4側面に注目して-

  • 医療領域における心理士の体験からみた多職種協働 -うまくいった協働、うまくいかなかった協働のプロセス検討-

  • 病気で子ども亡くされた親の悲嘆過程 -生前から現在まで-

杉山 恵理子

  • 大学生における「居場所感の揺らぎ」と自己愛的脆弱性との関連

  • 高校教師のバーンアウトについて ―理想と現実の教師像のズレ、イラショナル・ビリーフ、多忙感との関連から―

  • 高齢の親を介護する主介護者の親子関係の変容 ―Personal Authority in the Family Systemの観点から―

清水 良三

  • アレキシサイミアとアレキシソミアの関連について ―末梢皮膚温の主観的・客観的評価の一致と不一致の観点から―

  • 共感疲労・バーンアウトに及ぼす臨床動作法の効果

  • コラージュのシェアリングにおける意味づけ体験と味わい体験の比較

  • 情動的ストレス耐性に及ぼす筆記表現法の効果 -多面的な思考と感情への焦点付けと肯定的側面への焦点付けとの比較-

中井 あづみ

  • 非視覚的手がかりによって喚起された不安における無意図的想起が課題成績に及ぼす影響

  • マインドフルネス呼吸法が精神的健康およびマインドフルネス傾向に及ぼす影響

  • 関係性攻撃が敵意帰属と否定的対人感情に及ぼす影響 :個人差が表れやすい場面を用いて

野末 武義

  • 家族機能が心理的居場所感を介して青年の傷つけ合い回避に与える影響

  • 親の被養育経験と夫婦関係が子どもに対する養育態度に与える影響

  • 喪失体験からの回復過程における家族レジリエンスの要因の検討