心理学部のご紹介


“Do for Others”
心理学を隣人のために。


心理学部長  花田 安弘 教授

本学の心理学部は「こころを探り、人を支える」を教育理念としています。
心理学科では「こころを探る」基礎領域と、「人を支える」 応用領域や臨床領域をバランスよく学び、教育発達学科では教育学や教科教育の科目の充実はもちろんのこと、心理学も含めた幅広い学習をすることができます。

“Do for Others” 心理学を隣人のために。

心理学部長  花田 安弘 教授

本学の心理学部は「こころを探り、人を支える」を教育理念としています。
心理学科では「こころを探る」基礎領域と、「人を支える」 応用領域や臨床領域をバランスよく学び、教育発達学科では教育学や教科教育の科目の充実はもちろんのこと、心理学も含めた幅広い学習をすることができます。

心理学部長  花田 安弘 教授

本学の心理学部は「こころを探り、人を支える」を教育理念としています。
心理学科では「こころを探る」基礎領域と、「人を支える」 応用領域や臨床領域をバランスよく学び、教育発達学科では教育学や教科教育の科目の充実はもちろんのこと、心理学も含めた幅広い学習をすることができます。


こころを探り、
人を支える


現代の心理学は、こころのメカニズムを解明するために、人文・社会科学だけでなく、自然科学とも連携しながら、新しい人間科学として生まれ変わりつつあります。
それらの基礎的な成果をふまえて、人々をいかにして支援するのかを考えること、それもまた、これからの心理学が請け負っていくべき重要な役割です。
文系、理系の枠に収まらない新しい科学へ・・・。 明治学院大学の心理学部は躍進しています。

こころを探り、人を支える

現代の心理学は、こころのメカニズムを解明するために、人文・社会科学だけでなく、自然科学とも連携しながら、新しい人間科学として生まれ変わりつつあります。
それらの基礎的な成果をふまえて、人々をいかにして支援するのかを考えること、それもまた、これからの心理学が請け負っていくべき重要な役割です。
文系、理系の枠に収まらない新しい科学へ・・・。 明治学院大学の心理学部は躍進しています。

現代の心理学は、こころのメカニズムを解明するために、人文・社会科学だけでなく、自然科学とも連携しながら、新しい人間科学として生まれ変わりつつあります。
それらの基礎的な成果をふまえて、人々をいかにして支援するのかを考えること、それもまた、これからの心理学が請け負っていくべき重要な役割です。
文系、理系の枠に収まらない新しい科学へ・・・。 明治学院大学の心理学部は躍進しています。

心理学部の組織構成

心理学部は,心理学科(定員175名)、教育発達学科(定員145名)の2学科からなります。
1~2年次は横浜キャンパスで、3~4年次は白金キャンパスで学びます。
それぞれの学科のカリキュラム・特色などについては、それぞれの学科のページをご覧ください。