卒業後の進路


Career


身に着つけた支援力で社会に幅広く貢献できる

多様な視点が身につく教育発達学は、公務員や一般企業でも必要とされています。
教育発達学科では、すべてのコースで小学校教諭一種免許状の取得が可能で、更に社会教育主事等の任用資格も取得することが可能です。先輩の約半数は、卒業後に教壇に立っています。

Career

身に着つけた支援力で社会に幅広く貢献できる

多様な視点が身につく教育発達学は、公務員や一般企業でも必要とされています。
教育発達学科では、すべてのコースで小学校教諭一種免許状の取得が可能で、更に社会教育主事等の任用資格も取得することが可能です。先輩の約半数は、卒業後に教壇に立っています。

取得可能な免許・資格

  • 教員免許状

    • 小学校教諭一種免許状のみ

    • 幼稚園教諭一種免許状のみ

    • 小学校教諭一種免許状+幼稚園教諭一種免許状

    • 小学校教諭一種免許状+特別支援学校教諭免許状

    • 小学校教諭一種免許状+中学校教諭二種免許状(英語)(人数制限、選抜あり)

    • 学校図書館司書教諭免許状(要 小学校教諭一種免許状)

  • 任用資格

    • 社会教育主事任用資格

    • 社会福祉主事任用資格

の組み合わせが取得可能です。

大学院

2016年から、心理学専攻博士課程前期は心理学コースと臨床心理学コースの2コース制となり、教育発達心理学コースを基盤として新たに開設される教育発達学専攻修士課程とあわせて、2専攻体制になります。
この2つの専攻は、現代社会の要請に応えて、「こころを探り、人を支える」ことのできる人材養成に力を入れています。そのために、心理学の基礎領域の研究、および高度な実践家の育成をめざしています。

また、教育発達学専攻修士課程では、いじめ・不登校の増加、特別な支援を必要とする子どもの増加、子どもの貧困や虐待、学習のつまずきや学習意欲の減退といった複雑化する現代的 課題に対応することができる人材の育成を目指します。そのために、子どもの心の発達と教育に関して理論と実践に基づき総合的に探究し、子ども、保護者、教師、教育環境にアプローチできる高度な支援力を養います。

卒業生の就職状況

きめ細かな修学支援を通じて、非常に低い退学率を実現しています(「大学認証評価」で公的に認められた事実です)。
教員採用試験受験者の64%が現役で教員になっています。また、教育発達学の学びを通じて得られた「こころを探り、子どもを支える」ための力は、さまざまな職種・分野に必要とされており、幅広く進路が開かれています。


卒業生メッセージ

明治学院大学大学院 心理学研究科 進学 2015年度卒業 小野塚葵

・学生時代に最も印象に残っている学びのエピソードを教えてください
2年次の教育発達学方法論の体験活動や、3年次・4年次にアシスタントティーチャーとして学校現場で活動したことです。自分では見えていなかった子どもたちの心理を先生にご指摘いただき、実際の現場での難しさやおもしろさを体験しました。

・どうして明治学院大学の教育発達学科を志望したのですか?
幼い頃から小学校教諭になることが夢でした。明治学院大学を選んだ理由は、小学校教諭の免許のみならず、特別支援学校の教員免許も取得できることが魅力だったためですが、入学後は自分の目標を小学校教諭に絞ったことでより専門的に学ぶことができました。

・今後の展望を教えてください
広い視野を持った小学校教諭として、子どもたちと接していきたいと思っています。すべてをフォローすることは難しいかもしれませんが、教育的側面だけでなく心理的側面からもサポートできるよう努めていきたいです。

JICAボランティア(青年海外協力隊) 参加 2014年度卒業 野曽原拓也

・学生時代、どのような活動をして、それがどう今の仕事に活きていますか?
数多くの学校での授業見学、3年間の小学校でのアシスタントティーチャーの経験、大学で友人と自主的に行っていた模擬授業研究会、教育の研究会などに積極的に参加していました。その経験は、ここホンジュラスで授業を見る視点や研修会の進め方に役立てています。

・どうして明治学院大学の教育発達学科で学ぼうと思ったのですか?
小さいころから将来は海外で仕事をしたいと考えていたため、海外の大学との協定校も多く、外国語に力を入れて取り組める絶好の環境が整っている明治学院大学を志望しました。また、小学校の教員免許の取得が可能なことや、心理学、教育学、障害科学を統合している教育発達学に興味をもったため、教育発達学科で学ぼうと思いました。

・今のお仕事を選んだきっかけを教えてください
小学生のころ家族でジンバブエに行ったのですが、学校に行くことができないストリートチルドレンを目の当たりにし、いつかすべての子どもが学校に行くことができるようになれば、と思うようになりました。また、子どもたちと楽しそうに遊んでいた青年海外協力隊員の姿に憧れを抱くようになり、青年海外協力隊の小学校教員として発展途上国で働くことを決めました。