教員プロフィール

准教授
中井 あづみ(なかい あづみ)

所属

・心理学科
・博士前期課程 臨床心理学コース

専門領域

・臨床心理学
・認知行動療法

研究テーマ

  • 臨床心理学

  • 認知行動療法

感情が行動やこころの悩みとどのように関連しているかについてのメカニズムに興味を持っています。そのメカニズムを元に援助方法を考えることにも興味を持っています。特に、怒りの感情が持続する際の認知的機序、特に、怒りの反芻と自伝的記憶との関連に関心があります。
働く人のメンタルヘルスにも興味を持っています。

担当授業

【 学部 】

  • 臨床心理学概論

  • 認知行動療法

  • 演習

「臨床心理学概論」
臨床心理学と聞くと、カウンセリング、○○療法など、技法に関することを連想しやすいようですが、専門家として人の話を聴くこととはいかなることかを考えたり、来談者の状況や状態を把握したり、自分が行ったことの効果を測定し自己点検したりするといった諸要素が整って、初めて技法が活きてきます。臨床心理学全体をながめ、さらに深く学ぶための基礎を作ります。


ゼミ内容

「演習1(3年次)」
認知行動療法の文献を講読します。章ごとに担当者を決めてレジメを作成し、発表し、質疑や討議を行います。次に、学問的興味が似ている者同士で2~3人のグループを作り、プレ卒論を作成します。テーマを決めて仮説を立て、調査や実験など実証的な方法論を用い、分析、考察を行います。テーマや領域の指定は基本的にありません。むしろ、卒業研究に向けて自らの知的好奇心をつかまえてください。
「演習2(4年次)」
卒業研究の個別指導と経過の発表を中心に行います。
「演習1・2共通」
プレ卒論発表会、卒論発表会、合宿を行い、日本心理学会などの大会に参加します。


メッセージ

動物や人が持つ規則性や特徴なら何でも明らかにしようとするのが心理学です。
さまざまなことに興味・関心を向け、さまざまな人や書物に出会い、大学生活を豊かにのびのびと送ってください。

経歴

早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得満期退学。人間科学修士。
一般企業を経てスクールカウンセラー、精神科クリニック、EAP等において心理臨床、産業精神保健に携わる。明治大学非常勤講師を経て現職。

取得資格・所属学会

  • 臨床心理士

  • 産業カウンセラー

  • 日本応用心理学会

  • 日本行動計量学会

  • 日本行動療法学会

  • 日本心理学会

  • 日本心理臨床学会

  • 日本認知療法学会

代表的な論文・著書名

  • 怒りの心理学―怒りとうまくつきあうための理論と方法(共著)

  • 湯川進太郎、中井あづみ 2008 怒りの心理学―怒りとうまくつきあうための理論と方法 有斐閣 (共著)

趣味・特技

  • 趣味は散歩と猫をなでること。

  • 特技(?)は茶道と卓球

学生との思い出で、印象に残っていること

いろいろありますが、現在の課題が他の授業で学んだこととつながっていることに気づいて学生の皆さんの顔が明るくなると、私もうれしくなります。

専門領域に興味を持ったきっかけ

学部卒業後、心理学と縁を切って社会に出たつもりでしたが、世の中の営みというものは、実は心理学的な要素が案外濃いなと思ったのがきっかけです。