教員プロフィール

准教授
市川 珠理(いちかわ じゅり)

所属

・心理学科
・博士前期課程 臨床心理学コース

専門領域

・臨床心理学
・心理査定
・心理療法

研究テーマ

  • 投影法、特に描画法を用いた心理査定の研究

  • 青年期の心理的問題と援助法についての研究

ゼミ内容

3年生の演習では、私の専門分野と学生さんの興味が合致する点からテーマをたて、そこを軸にして臨床心理学への理解を深めます。今年は「青年期」をテーマに、心理発達的に見た青年期、心理社会的に見た青年期、青年期危機と心理的問題、青年期の病理、境界例、青年期の人々へのカウンセリング・心理療法・コミュニテイアプローチなどを取り上げています。
4年生の演習では、卒論作成を目的とします。各自テーマに沿って、文献の検索・収集・検討を行い、互いに発表し、討議しながら進めます。心の深層から社会までを視野に入れた、実践的な臨床心理学を学び考えたいと思います。 社会に出てから様々な持ち場でそれを活かしたアクションを起こせる卒業生を 世に送り出すこと、臨床心理士を志望して大学院に進学する学生の基礎を耕すことを 目指しています。

経歴

早稲田大学大学院 
文学研究科心理学専攻、博士課程後期単位取得退学
順天堂大学付属越谷病院、国立千葉病院神経科、JR東京総合病院神経科、
東芝病院 神経科、 早稲田大学総合健康教育センター等に臨床心理士として勤務
明治学院大学非常勤講師を経て、現在、明治学院大学文学部心理学科准教授

代表的な論文・著書名

  • コミュニティ支援のカウンセリング―社会的心理援助の基礎 (マクロ・カウンセリング実践シリーズ)(共著)