教員プロフィール

助教
木村 優里(きむら ゆうり)

所属

・教育発達学科

専門領域

・理科教育学

研究テーマ

社会における科学と人のかかわり方について、研究と実践をしています。
・アマチュア科学者の科学実践に関する研究
・科学実践に関わる市民に着目した、科学教育及びサイエンスコミュニケーションの在り方に関する研究
・STEM教育を取り入れた理科授業の研究と開発

経歴

東京学芸大学教育学部中等教育教員養成課程理科専攻を卒業後、
一般企業、立教大学理学部プログラムコーディネーター、東京学芸大こども未来研究所専門研究員等を経て現職

青山学院大学大学院社会情報学研究科社会情報学専攻ヒューマンイノベーションコース博士前期課程 修了(修士号取得:学術)
東京理科大学大学院科学教育研究科科学教育専攻博士後期課程 修了(博士号取得:学術)

取得資格・所属学会

  • 日本科学教育学会

  • 日本理科教育学会

  • 日本物理教育学会

  • 日本教育工学会

  • 日本質的心理学会

  • 日本産業技術教育学会

  • 日本STEM教育学会

代表的な論文・著書名

  • Kimura, Y. (2021). Amateur Scientists: Unique Characteristics and Possible Factors Supporting Japanese Amateur Scientists’ Continuous Scientific Practices. Isozaki T., Sumida M. (eds). Science Education Research and Practice from Japan. 85-108, Springer.

  • 木村優里, 原口るみ, 大谷忠 (2021). 実社会・実生活の問題解決という文脈を導入した STEM 教育型理科授業のデザインに関する研究. 科学教育研究, 45(2), 184-193.

  • 木村優里 (2017). アマチュア科学者の科学実践の継続を可能にする要因に関する探索的研究―修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチによる仮説モデルの生成―. 科学教育研究, 41(4), 398-415.