ホームゼミ情報 2016年度ゼミ情報 2016′ 新井ゼミ

2016年度ゼミ情報2016-seminar

新井先生とゼミのプロフィール(専門分野・扱うテーマ)

プロフィール

*専門分野は「美術教育学」で、教科としての図画工作や美術の教育について研究しています。
*現在取り組んでいる研究テーマは、思春期の美術教育に関する実践的研究と戦後の民間美術教育運動に関する歴史研究です。
*ゼミでは、実技や演習を中心に、美術やデザインに対する知識や技能を高める活動を行います。
*その上で、各自の興味・関心に基づいて研究テーマを見つけ、卒業研究やゼミ研究に結びつけて欲しいと願っています。


履修条件

* 2年次までに「図画工作」と「図画工作科指導法」を履修していることが望ましい。


先生から一言

*絵を描いたり、ものを作ったりする活動には、根気と集中力が必要です。
*また、制作は授業時間の中だけで完結するものではありません。空き時間などを使って活動することもしばしばあります。
*得意不得意ではなく、美術やデザインについて関心を持ち、いろいろな活動に積極的に取り組める情熱とチャレンジ精神をもった人を歓迎します。


ゼミ生へインタビュー

ゼミ合宿の合宿地と費用

✽今年の合宿地は「ラフォーレ修善寺」でした。
✽費用は1泊2日(朝・夕食付き)の宿泊代、往復の交通費、美術館(1館)の入館料等を合わせて約1万円程でした。
✽今年の合宿では、卒業研究・ゼミ研究の中間発表、美術館見学、修善寺の観光施設で工芸やミュージアム見学等の活動を行いました。今年は時間の関係上できませんでしたが、現地で写生を行う年もあります。


%e6%96%b0%e4%ba%95%e3%82%bc%e3%83%9f1

「虹の郷」にて

%e3%82%bc%e3%83%9f%e5%90%88%e5%ae%bf%e4%bd%90%e9%87%8e%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8%e6%96%b0%e4%ba%95%e3%82%bc%e3%83%9f4

佐野美術館「杉山明博 造形の世界」プレイスペースにて

ゼミの人数、男女比、進路等

▼男女比

4年 男:0 女:9  計9人
3年 男:2 女:6  計8人

▼卒業後の進路(1〜3期生)

小学校教諭(4)、特別支援学校教諭(1)、幼稚園教諭(3)、大学院・専門学校等進学(3)、公務員(1)、民間企業 (11)

▼どんな人におすすめのゼミですか?

図工や美術、制作をすることが好きな人、図工に苦手意識があるけど制作や鑑賞等に興味がある人にオススメです。制作中心なので、最後まで粘り強く取り組める根気のある人大歓迎です。


研究や活動内容(実習の有無等)

▼3年
春学期は童謡「怪獣のバラード」を題材に、絵本の製作を行いました。一人一ページずつ担当して一つの絵本を完成させました。
また、制作活動と並行して、「卒業研究」「ゼミ研究」のテーマを考え始めます。テーマは美術教育に関すること、美術やデザインに関することであれば“自由”です。各自興味があるテーマ、分野について調べながら、卒業研究・ゼミ研究の構想を考えています。

▼4年
卒業制作・ゼミ研究のテーマを決め、それぞれ自分の課題に取り組みます。卒業研究かゼミ研究かの選択は自由ですが、ともに形式は「論文のみ」「主論文+副制作」「主制作+副論文」のいずれかです。
今年度の研究テーマは、「演劇における舞台照明の視覚的・心理的影響の研究」「飛び出す絵本の魅力と立体の効果に関する研究と制作」「切り絵の制作」「日本画における美人観の変遷の研究」「感覚教材の制作・研究」「漫画の制作」「幼児教育おける絵本の可能性(制作・研究)」等のテーマで研究・制作を進めています。

ゼミ生より

▼このゼミを選んだ理由(3年女子)
元々絵を描くことなど美術が好きということもありますが、1・2年次での図画工作・図画工作科指導法の授業を受けて美術教育に興味をもち、小学校における美術教育についてより深めていきたいと思い、図工ゼミを志望しました。制作がメインということで、制作を楽しみながら興味のある分野について理解を深めていける点も魅力の一つでした。

▼実際に入ってみて
✽先生はまったりで時にせっかちな面もあります(特に時間には厳しいです)が、場の雰囲気はいつも和やかです。
✽制作がとても楽しいです!
✽先生が一人ひとりに丁寧に指導してくださるので、制作が苦手なひとでもとっても取り組みやすいです。

▼ゼミの自慢
✽先生も先輩方も親切で優しく、常にアットホームで愉快な雰囲気です。
✽合宿以外でも、授業の空きコマを使って美術館見学に行ったりします!

▼ゼミ生の集合写真
3・4年生合同交歓会

3・4年生合同交歓会

ゼミ合宿・バーベキュー

ゼミ合宿・バーベキュー