ホームゼミ情報 2017年度 ゼミ情報 2017’川端ゼミ

2017年度 ゼミ情報2017-seminar

川端先生とゼミのプロフィール(専門分野・扱うテーマ)

教員の専門分野

・教育心理学・心理統計学

ゼミ生の研究テーマキーワード

・主に教育心理学系と心理統計学系に分類されます。

【教育心理学系】

・大規模学力調査(PISA, TIMMS)のデータ解析
・青年期の自己開示と孤独感
・両親の養育態度と子のパーソナリティ
・効果的な教育実践法
・テスト理論(項目反応理論)

【心理統計学系】

・SNSとコミュニケーションスタイル
・Webデザインのポジショニング分析
・歌詞のテキストマイニング
・Twitterデータのソーシャルネットワーク
・アルバイト経験とストレスコーピング
・投稿されたレビューの時系列分析
・大規模購買データに対する縦断データ解析
・大規模公開犯罪データに対するデータマイニング
・ファッションブランドのポジショニング

履修条件

以下の項目にすべて該当する人を募集します
・『応用統計学』(人数制限があるので履修希望を出すことが重要)
・データ解析を通じて心理に迫ってみたいという人
・4年の演習2も履修し、卒業論文執筆の意思がある人
・仲間のことやゼミの雰囲気を考えた行動が出来る人
・データ解析やテスト理論に関する専門書も読んでいただきます。
コンピュータ言語や統計学の教科書を、じっくり時間をかけて読む根気のある方が履修してください。
・友人が川端ゼミを選ぶから、という理由のみでゼミを選ばないでください。
サブゼミも多いですし、入ってから苦労します。

先生から一言

【ゼミでの学習スタイル】
川端ゼミでは、教育心理学と心理統計学に関連する研究をしています。どちらのテーマを選んでも、
「データ解析でココロを語る」という姿勢を養うことをゼミの教育目標にしています。
少人数でのグループ活動を通じ、ディスカッションを交えながら、様々なデータ解析法を体験してもらっています。
分析結果は、発表会にてそれぞれプレゼンしてもらいますが、毎度、創意工夫に満ちた内容になっており、グループ活動の充実感が伝わってきます。この経験は就職活動でもきっと役に立つでしょう。
グループ活動と並行して、各個人が興味のある研究テーマについて、個人研究(論文精読)を進めます。
その結果を4年次の卒業研究(ゼミ論 or 卒業論分)としてまとめます。研究テーマは川端と相談して決めます。

ゼミ生にインタビュー

先生のイメージ

The 熱血先生

「やる時はやる。遊ぶ時は遊ぶ」
「生徒一人ひとりに熱意をもって指導してくれる」
「なによりも、生徒思いな先生」

フランクで、エネルギッシュ!!

「先生と生徒の繋がり等を大切にしてくださる」
「趣味やペットの話がおもしろい!」
「データ分析だけではなく、アウトドアな一面も!」

川端先生は、学びが有意義になるように生徒一人ひとりをよく見てくださります。
また、遊びにも全力なのでとても楽しい先生です!

ゼミのプロフィール

〇4年生:14名(男子7名:女子:7名)
〇3年生:15名(男子4名:女子11名)

〇卒業後の希望進路:一般企業・マーケティング部門の企業・大学院進学 等々
※川端ゼミは2013年に出来たゼミです。今の4年生が4回目の卒業生となります。

研究活動内容

〇3年

1年を通して様々な統計手法について学びます。少人数のグループに分かれてテーマを決め、実際にゼミの中でデータを集めて、学んだ統計手法を用いてデータ解析・発表をします。2017年度の春学期は、各グループで相談してテーマとする市場を選び、新商品開発を想定した分析を行いました。秋学期は教育心理学に関するテーマ(テスト作成)も扱います。

〇4年

卒業論文または、ゼミ論文の作成に取り掛かります。
ゼミ合宿

2017年度は1泊2日で千葉県の白子に行きました!

〇1日目
自分クイズでゼミの仲を深めました!!自分の魅力を全力で伝えます^^

↑ゼミ生の意外な一面も!?4択クイズで盛り上がりました!夕食は皆で楽しくBBQ!食にも全力な川端ゼミです!
夜は、花火に飲み会、ゲームなどで1日存分に楽しみました(^^
みんなで夜更かしするのも、合宿の醍醐味ですね!!



↑とても楽しいゼミ合宿でした!

川端ゼミのいいところ

「統計法で様々な分析に触れ、PCへの苦手意識が薄れた」
「分析が苦手でも、先生やゼミ生のサポートで楽しく授業がうけられる」
「先輩後輩の関係が良好!」
「和気あいあいとしていて雰囲気が良い!」
「ゼミ生の仲が良く、勉強熱心なゼミだと思います」
「先生を含めて遊びに全力になれるゼミ合宿はとても楽しい!!」