在学生メッセージ


Message from students


さまざまな思いを胸に日々取り組んでいます

明治学院大学心理学科の在学生が、どうして心理学科に進学しようと思ったのか、どのようなキャンパスライフを送っているのか、将来どのような道に進みたいと考えているのかなどを聞いてみました。

Message from students

さまざまな思いを胸に日々取り組んでいます

明治学院大学心理学科の在学生が、どうして心理学科に進学しようと思ったのか、どのようなキャンパスライフを送っているのか、将来どのような道に進みたいと考えているのかなどを聞いてみました。

心理学科 2018年度生 渡邉 徳香

・明治学院大学の心理学部の魅力は?
実生活と結びつく授業が多いことが魅力です。消費者心理学の学びは実際にアルバイト先で起こる出来事と関係していることも多く、現場で知識が生かされていることを実感しました。心理学の学びは私たちの生活と密接していることがよくわかり、どの授業も興味深いです。

・学び以外に力を入れていることを教えてください
将来は日韓関係の仕事に就きたいので、1年生の頃から韓国語を勉強しています。2年次も週に2回、韓国語の授業を履修しているので、話すだけでなく、読む力、聞く力など総合的に語学力がのびているのを感じます。韓国語の学びを通して、韓国がもっと好きになりました。

・今後の目標は何ですか?
3年次には韓国の大学に一年間留学し、実際に韓国人の学生とともに心理学を学びます。現地の文化に触れ、考え方を知るチャンスです。この経験を生かし、相手の気持ちを理解しながら韓国と日本の橋渡しができるような仕事に就き、国際社会で活躍したいです。

心理学科 2017年度生 吉田 みなみ

・どんなことを研究していますか?
今は認知心理学の「視線」について研究しています。視線がよく動く人はうつ病になりにくいことがわかり、うつ病の傾向がある人に視線移動のカウンセリングを行うことができれば発症を減らすことができるのではないかと考えています。その考えを実証するため、大学内で調査を行っています。

・なぜ心理学を学ぼうと思ったのですか?
犯罪心理学に興味があり、表情や視線などからその人の気持ちを読み取ることができれば将来役立つと思ったからです。なかでも、まばたきひとつで人のさまざまな感情を読み取ることができるいうことを知り、ゼミでは視線に関することを研究しようと決めました。

・今後の目標は何ですか?
今後は大学院で臨床の観点から視線とうつ病の治療について研究していく予定です。卒業後は、公認心理士の資格取得を目指しながら現場で学び、将来は司法や犯罪の場で働く人たちの心のケアやサポートができるカウンセラーとして活躍することが目標です。

心理学科 2016年度生 及川 由真

・明治学院大学心理学部の魅力は?
体験的に学びを吸収できることです。集団療法の授業では、近親者にも話さないようなことをいつのまにか話している自分に気づき、実際にその効果を体感しました。またゼミでは傾聴のボランティアや医療機関での研修などを通じて、さまざまな気づきを得ています。

・学び以外に力を入れていることを教えてください
1年次から発達障害の方々を支援する企業にインターンをしています。そこでは小・中学生を対象とした学習支援やお仕事体験を実施。子どもたちの将来を見据えた活動に携わることで、現在は精神疾患とその治療法に関する学びを深めています。

・今後の目標は何ですか?
発達障害や精神疾患の方々に対する支援環境はやはり都市部の方が整い、地方は整備が遅れているといえます。そのため、本学科での経験やスキル、また児童指導員の資格などを、地元の東北地方で活かし、人と社会に貢献したいと考えています。

心理学科 2013年度生 鈴木玲子

・なぜ心理学を学ぼうと思ったのですか?
自身が何度も転校したことをきっかけに、環境や生活でそこに住む人の特長も変わることに興味を持ち、心理学を勉強したいと思うようになりました。文学部でなく心理学部下にある大学の方が、より深く学べるのではと思ったことも志望理由の一つです。

・どんなことを研究していますか?
データ解析のゼミに所属し、統計分析フリーソフト「R」を使用して統計手法を勉強しています。心理学では多種多様な検査を行い、数値化し分析することが求められます。正確な分析を行うためだけでなく、問題解決の糸口を見つけるためにも有効だと感じています。

・今後の目標を教えて下さい
マーケティングリサーチ会社に就職が決まっています。大学で学んだデータ解析の手法などが役立つ職場なので、どのような手法で結果を導きだすかなどに着目し、プロとしてお客さまが求めるニーズに応えられる人材になりたいです。

心理学科 2014年度生 松浦渚

・なぜ心理学部で学ぼうと思ったのですか?
自分の内面をもっと磨きたいと思い心理学部を志望しました。入学しての感想は、心理学は思っていたより奥が深いということ。心理テストとは異なり、科学的かつ統計的にデータを分析して論理が成り立っていることを知り、自身の考え方も変わりました。

・明治学院大学心理学部の魅力は?
学科全体の授業であっても、小グループに分かれて行動することが多く、すぐに友だちが増えました。時には互いの実験台になることもあり、心の中まで読み取られてしまいますので自然に本音でつきあえるようになります。

・今後の目標は何ですか?
犬や猫、イルカなど、動物との触れあいを通じて、人の心を癒やすアニマルセラピストになりたいです。そのためにも大学院に進み、臨床心理士もしくは公認心理師の資格を取得し、知識を活かしながら経験を積んでいきたいと考えています。

心理学科 2013年度生 水沼香奈

・明治学院大学心理学部の魅力は?
教育学部や文学部下の心理学科ではなく、独立した心理学部として専門的に学べるところです。広い範囲でさまざまな心理学について知ることができ、より深く勉強することもできます。専門領域を持つ先生たちからのアドバイスが心強く、学びを促してくれます。

・勉強以外で力をいれていることはありますか?
2年次に心理学部のスチューデント・カウンセラー(SC)として活動しました。SC活動は、新入生に大学生活を楽しんでもらうために、イベントの企画実行を行うもので、学生が主体となって活動します。後輩はもちろん先輩や先生、企業の方とも関わることで、社会に必要なマナーなども身につけることができました。

・今後の目標は何ですか?
大学院へ進み、臨床心理士の資格取得を目指しています。将来は、自分に課せられた業務を遂行しながらも、サポートを必要としている相手と信頼関係を築き、心の奥底にある悩みの解消に向けて努力できる人材になりたいと考えています。