教員プロフィール

准教授

森本 浩志(もりもと ひろし)

所属

・心理学科
・博士前期課程 臨床心理学コース
・博士後期課程

専門領域

・臨床心理学
・認知行動療法

研究テーマ

  • 認知症高齢者の家族介護者の支援

  • 認知症高齢者の家族介護者の役割間葛藤と生活の質の改善要因の検討

  • 社会文化的文脈とストレス対処過程の関連

担当授業

【 学部 】

  • 基礎演習

  • 臨床心理学概論

  • パーソナリティ心理学

  • 認知行動療法

  • 心理学演習1A・1B・2A・2B

  • ほか

【 大学院 】

  • 臨床心理面接特論A(心理支援に関する理論と実践)

  • 臨床心理基礎実習A

  • 心理療法特論3(認知行動療法)

  • 臨床心理実習A・B

  • 特別実習

  • 心理実践実習II

  • 臨床心理特論研究1・2

  • ほか

ゼミ内容

臨床心理学の中でも,特に認知行動療法について学びます。認知行動療法は抑うつや不安を初めとした多様な心理的問題に対して効果の確認された心理療法であり,慢性疾患や生活習慣病などの身体的問題に対しても実践されています。認知心理学や学習心理学などの基礎領域の心理学との関わりも深く,日常生活をより良く送るのにも役立つ心理療法でもあります。ゼミでは発表とディスカッションを通して認知行動療法の理解を深め,研究を行います。

メッセージ

みなさんは、「なんでそう思うの?」「なんでそんなことするの?」と思ったことはありませんか?心理学は、人に関する「なんで?」の答えを見つける学問です。臨床心理学はこの中でも特に、人の幸せに関する「なんで?」の答えを見つけて、困っている人を幸せにする学問だと思います。みなさんの「なんで?」は何ですか?ふと思った疑問を大切に、堅苦しく考えず、遊び心を持って、一緒に答えを見つけていきましょう。

経歴

早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程を修了。総合病院の心理士,心療内科付属カウンセリングルームのカウンセラー,広島国際大学心理学部心理学科助教を経て,2017年4月より現職。

取得資格・所属学会

【 取得資格 】

  • 臨床心理士(公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会 認定)

  • 認定行動療法士(一般社団法人 日本認知・行動療法学会 認定)

  • 専門社会調査士(一般社団法人 社会調査協会 認定)

【 所属学会 】

  • 日本心理学会

  • 日本健康心理学会

  • 日本ストレス学会

  • 日本行動医学会

  • 日本認知・行動療法学会

  • 日本認知療法・認知行動療法学会

  • 日本ストレスマネジメント学会

  • 日本心理臨床学会

  • 日本老年行動科学会

  • 日本老年社会科学会

代表的な論文・著書名

  • Morimoto, H., Furuta, N., Kono, M., & Kabeya, M. (in press). Stress-buffering effect of coping strategies on interrole conflict among family caregivers of people with dementia. Clinical Gerontologist.

  • Morimoto, H., Furuta, N., Kono, M., & Kabeya, M. (in press). Can self-efficacy ameliorate interrole conflict among employed family caregivers? A moderated mediation approach. Aging & Mental Health.

  • 森本浩志・古田伸夫・河野光慧・壁谷眞由美 (2017). 認知症高齢者の家族介護者の役割間葛藤の測定. 心理学研究, 88, 151-161.

趣味・特技

  • ドライブ

  • F1観戦

  • 喫茶店に行くこと