教員プロフィール

准教授
川端 一光(かわはし いっこう)

所属

・心理学科
・博士前期課程 心理学コース
・博士後期課程

専門領域

・教育心理学
・心理統計学

研究テーマ

  • 教育心理学

  • 教育測定学

  • 心理統計学

担当授業

【 学部 】

  • 心理統計法

  • 基礎統計学

  • 応用統計学

  • 教育心理学

  • 演習1(ゼミ)

     など

【 大学院 】

  • 教育測定心理学特論

  • 心理統計法特論

  • 心理応用統計学

  • 教育心理学特殊演習

ゼミ内容

3年のゼミ(演習1)では,卒業論文執筆に必要な基本技能を全員で学んでいきます。
具体的にはデータ解析技能(統計ソフトの使い方等)と調査実施技能をグループでの実習・発表を繰り返しながら習得します。また,教育心理学領域の学術雑誌から,自分の興味に近い論文を数本読み,その過程を経て,卒業論文のテーマを決定します。データ解析技能と調査技能が身に付いたところで,3年の終わりに卒論計画を立てます。
発表の機会が多いのですが、会議におけるプレゼンテーションの仕方、資料の作り方など、企業人、研究者として必要とされる基本技能についても学びます。
4年のゼミ(2014年開講予定の演習2)では3年で決定した卒論計画に基づいて卒論分析・執筆に集中します。
進捗をゼミで発表し,適宜、添削を行います。卒論を完成させるのも大切ですが、進路を決定することも大事です。
恒例行事として、春にゼミ歓迎会,夏には合宿を企画しています。

メッセージ

心理学の勉強を頑張って欲しいというのは勿論ですが、卒業後の自分の進路について早い内から計画を立て欲しいと思います。友達やサークルの仲間と楽しく過ごす4年
もとても素晴らしいと思いますが、卒業後の自分がどうなっているかを常にイメージして、現在(いま)を行動して欲しいです。
どの道を選んでも、努力は必要です。社会に出てから苦労するより、将来の自分に、いまの時間を投資しておいた方がいいと思います。4年間って、本当に短いんです。

経歴

【最終学歴】
2008年3月,早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位修得後退学
2008年6月,博士学位(文学)取得
【常勤職歴】
2008年4月,早稲田大学文学学術院助手(2010年3月まで)
2010年4月,独立行政法人国際交流基金日本語試験センター研究員(2012年3月まで)

代表的な論文・著書名

  • 心理学のための統計学入門[心理学のための統計学1]: ココロのデータ分析(共著)

  • Rによる項目反応理論(共著)

【 著書 】

  •  (2005) シーケンシャルモデル 豊田秀樹(編著),項目反応理論[理論編]-テストの数理-, 朝倉書店,p109-115.

  •  (2005) 多次元IRTモデル 豊田秀樹(編著),項目反応理論[理論編]-テストの数理-,朝倉書店,p116-125.

  •  (2006) ニューラルネットワーク,豊田秀樹(編著),購買心理を読み解く統計学-実例で見る心理調査データ解析28講-,東京図書,p94-101.

  •  (2006) 多項ロジットモデル,豊田秀樹(編著),購買心理を読み解く統計学-実例で見る心理調査データ解析28講-, 東京図書,p103-109.

  •  (2006) ISM, 豊田秀樹(編著),購買心理を読み解く統計学-実例で見る心理調査データ解析28講-,東京図書,135-142.

  •  (2007) 多母集団同時分析,豊田秀樹(編著),共分散構造分析[AMOS編]-構造方程式モデリング-,東京図書,p74-87.

  •  (2007) ベイズ推定,豊田秀樹(編著),共分散構造分析[AMOS編]-構造方程式モデリング-,東京図書,p150-157.

  •  (2008) 一般的SEMのベイズ推定,豊田秀樹(編著),マルコフ連鎖モンテカルロ法,朝倉書店,p54-62.

  •  (2008) 順序カテゴリカルSEMのベイズ推定,豊田秀樹(編著),マルコフ連鎖モンテカルロ法,朝倉書店,p63-70.

  •  (2008) サポートベクターマシーン,豊田秀樹(編著),データマイニング入門-Rで学ぶ最新データ解析-,東京図書,p241-269.

  •  (2009) アイテムパーセリング,豊田秀樹(編著),共分散構造分析[実践編]-構造方程式モデリング-,朝倉書店, p40-53.

  •  (2009) 検定力分析, 豊田秀樹(編著),共分散構造分析[実践編]-構造方程式モデリング-,朝倉書店,p54-66.

  •  (2009) セミパラメトリックアプローチによる非線形SEM,豊田秀樹(編著),共分散構造分析[実践編]-構造方程式モデリング-,朝倉書店,p67-80.

  • (2009) 多要因分散分析の検定力分析,豊田秀樹(編著),検定力分析入門-Rで学ぶ最新データ解析-,東京図書,p179-216.

  • (2012) ポアソン回帰分析,豊田秀樹(編著),回帰分析入門-Rで学ぶ最新データ解析-,東京図書,p207-225.

  • (2012) 欠測値,豊田秀樹(編著),共分散構造分析[数理編]-構造方程式モデリング-, 朝倉書店.

【 訳書 】

  •  (2006) 確率変数,統計的独立性,t分布およびF分布,順序統計量,ラオ・クラメールの下限,十分統計量の特性,一様最強力検定,多重比較,適応的な方法,単純整形モデル,線形モデルのウィルコクスン検定,一般線形仮説の検定(全12節訳),豊田秀樹(編訳),数理統計ハンドブック(Hogg.R.V., McKean,J.W, Craig. A Introduction to Mathematrical Statistics), 朝倉書店(ページ数は割愛).

  •  (2011) トレース,行列式,線形変換と連立線形方程式,対象行列の固有値に関する付加的低利,2つの対称行列の同時対角化,その多の一般逆行列,最大階数でないとくの最小二乗推定,非不行列,凸関数と凹関数(全9節),豊田秀樹(編訳),統計学のための線形代数(Schott, J.R  Matrix Analysis for Statistics), 朝倉書店(ページ数は割愛).

【 論文 】

  • 豊田秀樹・川端一光・松下信武 (2005) 採用場面におけるEQ検査の改善,教育心理学研究,53(4).

  • 豊田秀樹・川端一光・片平秀貴 (2006) 残差変数の構成概念スコアを推定したランキングモデル, 心理学研究,77(2).

  • 豊田秀樹・川端一光・中村健太郎・片平秀貴 (2007) 傾向スコア重み付け法による調査データの調整-ニューラルネットワークによる傾向スコアの推定-,行動計量学,34(1).

  • 川端一光・豊田秀樹・桜井満優美・佐々木健一・横井真人・渡辺徹・日高美英子 (2007) 非線形ロジットIRTモデルによる尺度選択の試み-EI尺度における適用-,テスト学会誌,3(1).

  • 豊田秀樹・川端一光・中村健太郎 (2007) プロスペクト理論における「リスク追求」傾向のIRTによる尺度化の試み,教育心理学研究,55(2).

  • 豊田秀樹・川端一光・渡辺徹・日高美英子 (2007) SEMによる反応歪曲に抗する一対比較型テストモデル,教育心理学研究,55(3).

  • 豊田秀樹・福中公輔・尾崎幸謙・川端一光 (2007) 構成概念間のグラフィカルモデリング-因子分析とGMの統合的な解-,心理学研究,77(2).

  • 豊田秀樹・福中公輔・川端一光 (2007) SEMのソフトウェアMxによるグラフィカルモデリングの実行,行動計量学,34(2).

  • 鈴川由美・豊田秀樹・川端一光 (2008) 我が国の数学教育は数学を日常の中で活用する能力を重視しているか-PISA2003年調査のDIFによる分析-,教育心理学研究,56(2).