教育発達学科

HOME > 教育発達学科 > 教育発達学科とは

どのような人を育てる学科?

 教育発達学科は、初等教育段階の子どもたちーすなわち小学生および幼稚園生の心を理解し、彼らの心の成長を支援することを通じて、今日の学校教育が抱える問題の解決に向けて、積極的に取り組むことのできる人材を育てる学科です。具体的には、小学校教諭、幼稚園教諭、特別支援学校教諭を中心に、大学院に進学した後、教育相談員(心理職)など、学齢期の子どもを支援する人材を育てます。
 そんな学生たちとともに学び、考え、さまざまな体験を積みながら、成長、発展していく学科です。
ページTOPへ戻る