教育発達学科

HOME > 教育発達学科 > 教員プロフィール

facetop
教授・学部長 井上 孝代
facebtm

教員プロフィール

教授・学部長 井上 孝代

教授

藤崎 眞知代(ふじさき まちよ)

専門領域

生涯発達心理学(乳幼児・児童)

ゼミ・授業
内容
 出生直後の赤ちゃんでさえ、静かに覚醒している状態では外界からの視覚的・聴覚的刺激を受け止め反応している能動的な存在です。このように、かかわる人 とは最初期から相互に影響を及ぼしあいながら、乳児は人として発達していきます。まずは家族との家庭生活を通してモノと親やきょうだいに出会い、基本的生 活習慣を「しつけ」などにより獲得していきます。さらに集団生活を通して家族以外の多様な人々、例えば保育者、地域の人々、そして仲間と出会い、遊びを通 して知的好奇心が促され、自然を知り、イメージすることができるようになり、ルールを知り、人の気持ちや考えを理解するようになっていきます。「ごっこ遊 び」は、こうした理解ができてはじめて創造的に発展していきます。乳幼児期の子どもは遊びを通して発達する、とも言われるゆえんです。
 しかし、こうした日常生活を通した学びは具体的な経験に基づくという限界があります。これに対して、学校生活を通した学びは科学的学びと言われます。子 どもの認知能力の発達に伴い、情報を一度に処理する力が増し、物事について具体的経験を離れて論理的に推論していくことが可能となっていきます。さらに人 との関係も単なる遊び仲間から気の合う友だち、そして親友という関係を結んでいく一方、いじめなどのネガティブな関係も複雑さを増していきます。そこには 日本文化に特有の価値観も影響を及ぼします。例えば自己主張よりも我慢する自己抑制が育ちやすいのは、家庭・保育・学校において暗黙のうちに我慢すること を大人から期待されているからです。そして日常生活を通して育ちにくい「自己主張」の側面は、学校教育の課題となってきます。
 以上みてきたように、乳幼児期からの発達の連続性や家庭・地域・学校生活とのつながりを踏まえながら、子どもの発達と集団保育・教育とのかかわり、子ど もの発達における学校生活経験の意味、日本文化における自己の育ちと学校生活との関連などについて、講義や視聴覚教材の視聴、ディスカッションを通して学 びます。
メッセージ  多くの子どもは幼児期の集団保育経験を経て就学します。就学前保育・教育が行われる保育室と小学校の教室とでは、一人ひとりの子どもに求められる行動は どのように違うのでしょうか。また保育者や教師とはどのような専門性をもった職業なのでしょうか。幼児期から児童期を生涯発達に位置づけ、一人の子どもが その子らしく発達していくように支えるには、保育者・教師だけでなく保護者や地域の人々を含めて、今日、どのようなことがそれぞれの立場で大切であるの か、皆さんと一緒に考えていきましょう!
プロフィール 子どもの自己の発達と大人(親、保育者、教師など)のかかわりとの関連や、子どもとともに大人も親・保育者・教師として発達していく過程を研究していま す。臨床発達心理士、学校心理士として現場にもかかわり、保育者が自分自身の保育実践を見直し、子どもと保育者がともに発達していくために保育カンファレ ンスを継続的に行っています。
専門分野

生涯発達心理学(乳幼児、児童)

担当科目 生涯発達心理学(乳幼児、児童)
line
ページTOPへ戻る