教員プロフィール

助教
平子 雪乃(たいらこ ゆきの)

所属

・心理学科

専門領域

・臨床心理学
・医療心理学
・心理アセスメント

研究テーマ

  • ストレスに関連した身体症状に対する心理的支援

  • 心身症と関連するパーソナリティ特性

  • 身体疾患に対する認知行動療法

  • 多職種連携によるチーム医療

担当授業

【 学部 】
・検査法実習
・基礎演習Ⅰ

【 大学院 】
・臨床心理基礎実習A
・心理実践実習Ⅰ・Ⅱ
・臨床心理実習Ⅰ・Ⅱ

メッセージ

身体的問題を抱える人は、同時にいろいろな心理的苦痛や社会的障害も抱えることになります。現場では他の専門職スタッフと協力して、その人の生活全体がより良い方向にむかう心理援助を行っています。臨床心理学の中では比較的新しい領域ですが、心と身体のつながりに興味を持って一緒に学んでくれる方が増えるとうれしいです。

経歴

上智大学文学部心理学科卒業。上智大学総合人間科学部心理学専攻博士前期・後期課程修了。
精神科クリニック、私設カウンセリングルームにて心理臨床を実践。
国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター、東京慈恵会医科大学附属病院ペインクリニックにて身体疾患に対する心理援助についての臨床・研究に従事。

取得資格・所属学会

  • 臨床心理士

  • 公認心理師

  • 日本心理臨床学会

  • 日本認知療法・認知行動療法学会会員

  • 日本精神分析学会

  • 日本ロールシャッハ学会

  • 包括システムによる日本ロールシャッハ学会

代表的な論文・著書名

  • 『慢性痛の心理療法ABC』 第1章  2. 学習型痛み  文光堂(2016年)

    • 急性低音障害型感音難聴患者の心理的特徴 ―ロールシャッハテストを用いた検討―  上智大学心理学年報(2017年)

    • 治療者への情緒を否定し続けたクライエントとの面接  精神分析研究(2017年)

    趣味・特技

    • 趣味:旅行、舞台鑑賞

    専門領域に興味を持ったきっかけ

    高校時代に、心と身体のつながりの不思議さを描いた本に出会ったこと。
    大学時代に、臨床家として働く先生方の姿を素敵だと思ったこと。